SSブログ

粘土療法ーClay therapy

 エサシトモコ展 ―粘土療法 Clay therapy

エサシトモコの心象的セラミック作品をインスタレーションし、オマージュテーマである、
市川曜子さんの版画数点を展示。会場には訪れた人が粘土遊びできる「勝手にワークショップスペース」を設け、作家も画廊の一隅で制作予定です。

 ぎゃらりー由芽 *三鷹*

http://galleryyume.web.fc2.com/
2016年7月16日(土)~ 7月31日(日)

12:00~19:00 木曜休廊 *最終日は17:00まで

猫と版画.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イヌ.jpg

粘土療法とオマージュ作品  


 わたしはここ10年『カオデカクン』という猫の彫像を制作して暮らしている。画廊からそんなわたしを心配に思ってか「猫ではない作品でお願いしたい」と依頼が来たので、つい「では、犬で行きます!」と返事をした。そんな単純な理由で犬をテーマにしてはならないと思っていたところ、友人が行って来たという「箱庭療法」のことが頭に浮かんだ。画廊の白い空間自体、箱庭のようなものだ。身の回りには昔から「精神」を病んだ人間が多く、自分も含めてだれもがその一端にあるということも含めて『粘土療法』というテーマを立てた。

  おまけに市川曜子さんの版画を立体オマージュ化するという、人のふんどしで相撲をとるようなアプローチを思いついた。ところが、実際にやってみると、平面を立体にするという不条理にもまして、「自分の作品としての存在」に気がつき、彼女の作品とはどんどん違うものになっていく。人のふんどしは自分用に緩めるなり、締め直すなりする必要があったということだ。粘土療法を楽しみながらチマチマと作った作品は、作家の鑑であると同時に、『鑑賞』という言葉の通り観る人の鑑であってこそ真価が発揮される。『粘土療法』はだれの為の療法なのかは是非、会場で作品から嗅ぎ取ってもらえればありがたい。     エサシトモコ

 


 


 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます